FC2ブログ

18禁小説『鼻のハナシ』

以前書いた『鼻フックはエロいのか』のリメイクをしていたら、やっぱり鼻フックはいいなあと思いました。
紗々と人留で鼻フック豚鼻鼻射です!


『鼻のハナシ』

 夕食後、人留と紗々はソファに並んで座り、バラエティー番組を見ていた。
 クイズに間違えた芸能人が罰ゲームを受けるというありきたりな内容だったが、気付けば見入ってしまっている。
 ある罰ゲームが始まった時、紗々がぽつりと呟いた。
「えっちだなあ」
 人留は「は?」と間抜けな声を上げ、紗々とテレビ画面を交互に見やった。
 映っているのは、鼻フックを付けられ豚鼻にされた女芸人だ。
「えっち、か?」
「鼻フックだよ?」
「鼻フックだぞ?」
「えっちだよ」
 紗々は譲ろうとせず、
「試してみる?」
と、寝室に向かった。
「試すって、何をだ」
 首を傾げる人留の元に戻ってきた紗々が持っていたのは──鼻フックだった。
 それを見た人留はガクリと肩を落とす。
「何でそんな物を持ってるんだ……」
「いつか使うかもと思って」
 紗々は澄ました顔で肩を竦めた。
「使うって、お前にか?」
「君が付ける?」
「冗談じゃない」
 人留は溜め息をついたが、
「で、何を試すんだ?」
と、先を促す。
「私にこれを付けて人留君が勃つかどうか、勃ったら鼻フックはえっちな物。オーケー?」
 紗々は事も無げに説明すると人留に鼻フックを渡し、フローリングの床に正座をした。
 人留は苦笑する。
 鼻孔を引き伸ばされた顔を見て、笑うことはあっても性的興奮を覚えることなどありえない。
 だが、ちょっとした遊びと思って付き合ってやろう。
 そう考えた人留は胡座をかくと紗々の顎を左手で押さえ、金属のフック部分をその小さな鼻の穴に差し入れた。
「じゃあ、やるぞ?」
 宣言し、赤い革製のベルトを引き上げる。
「ふぐっ」
 痛みのためか、紗々は小さく声を上げた。
 案の定、整った顔はすっかり酷いものとなってしまう。
 鼻梁には皺が寄り、鼻孔は縦に広がり、芸人がされていたような豚鼻と成り果てていた。
 だが……。
 ──今、ムラッとした気がする。
 人留は股間に微かな疼きを感じた。
「どお?」
 紗々は頬を赤く染め、上目遣いで人留を見詰める。
「いや……」
 人留は答えるのを躊躇った。
 ──俺は、興奮してるのか? 紗々のこんな無様な顔を見て……。
 無様な顔。
 紗々の豚面を凝視すると、再び精巣がずくんと疼いた。
 咄嗟に左手で股間を押さえる。
「興奮、したかもしれん……」
 小さな声でそう言えば、紗々は「ほら」と得意気な声を上げた。
「だから鼻フックはえっちだって……、ふがっ!」
 紗々が潰れた声を上げる。人留が強い力で更にベルトを引っ張り上げたのだ。
「な、なに……?」
 その顔は先程よりも酷いものとなっていた。
 豚鼻になっただけでなく、上唇が捲れて歯茎が露出している。
 醜いと言っても過言ではない。
「美人が台無しだな」
 人留は嘲笑った。
「き、君が、引っ張るからでしょお……」
 人留は頷き、左手で自らの硬くなったイチモツを取り出した。
「そんなに、興奮したの?」
 雄々しく天を仰ぐ巨根を目にし、紗々はごくりと唾を飲む。
「ああ、かなりな」
 人留は立ち上がり、紗々の鼻先に雄の象徴を突き付けた。
「ふぐう……、おちんちんの臭い、いつもより感じちゃうう……」
 広がった鼻の穴で、紗々は濃厚な雄の臭いを吸い上げる。
 ふごふごと鼻息を荒くするその様は、まさしく豚そのものだ。
 だが、愛しい恋人が惨めで醜い姿を晒すほど、人留の欲望は膨らんでいく。
「もっと、嗅がせてやる」
 人留は鼻に挿入でもするかのように亀頭を紗々の鼻孔に押し付けた。
「んごっ、か、カウパーが……、鼻に、はいっでえ……」
 紗々はだらしない表情を更に崩し、太ももを擦り合わせ始める。
「随分エロい顔だな。そんなに欲情したのか?」
「人留君だってえ……、こんなに精液の臭いさせて、硬くしてるくせにい……、ぴぎっ!」
 人留のガチガチになった男根の先端が、紗々の鼻をぐにゃりと押し潰す。
 上を向くというような次元ではなく、鼻が平面になっていた。
「お、おごお……っ、はにゃ……、しょんにゃにい……っ!」
「はあ、はあ……、お前の豚鼻に、出すからな……っ!」
 そのままぐりぐりと鼻孔をほじるように肉棒で刺激され、紗々は白目を剥きながら舌を突き出す。
 人の言葉で返事もできないほど、欲情し切っていた。
「く……っ!」
 ぺニスがドクンと脈動し、人留は宣言通り紗々の鼻穴に直接精液を注ぎ込んだ。
「おひっ! んおおおおんっ!」
 熱く濃い白濁液が鼻腔を勢いよく走り抜け、口から逆流する。
「はひ……、お、お……」
 紗々は肉付きの良い身体を痙攣させ、精液を吐き出し、白い鼻提灯を作り、後ろにゆっくりと倒れていった。
 その顔はこの上なく満足そうで、ジーパンの股間部分はぐっしょりと濡れている。
「性的な物って、よく分かった……」
 人留は息をつき、紗々の鼻を指の腹で優しく撫でるのだった。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/05(火) 21:45:30|
  2. 18禁小説『紗々と人留の18禁小説』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁絵・紗々に鼻フック | ホーム | 18禁絵・紗々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/490-6df7c923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)