FC2ブログ

グロテスクな生命

 この間ヤフオクで落札したザエルアポロアンソロが届きました。

 ザエルアポロのアンソロはこれで全部かなあ、あと二冊持ってるんですが。

 なんというか、ザエルアポロで同人誌描いてる(書いてる)方って絵にしても文章にしても独特な人が多い気がします。

 まあ好きな人は好き、嫌いな人は嫌いなキャラだしなあ。万人に好まれるキャラではない。

 私はグロが苦手と言っていますが、グロテスクと言われる生き物は割と好きです。虫とか深海魚とか。

 あと、グロそうな話のあらすじとかネタバレを読むのは好きな気がする。画像見るのは駄目だけど。

 苦痛を伴ってるグロ(拷問系)は本気で苦手で、苦痛を通り越して死に直結してるグロ(殺人系)とかは大丈夫なのかなあ。自分でもよく分かりません。

 生き物の造形としてのグロテスクは好きな辺り、死に向かうグロが好きというわけでもないです。でも生きたまま苦しめる拷問系が駄目な辺り生に執着してるわけでもないのかなあ。

 話がずれるけど、理に適って作られた物は全て美しいんじゃないかと思います。黄金比とかそういうの。というか生命的な美?

 たとえば私は肉付きの良い女性が好きですが、それは生命力があるからなんじゃないかと。健康に害がありそうな肥満には興味ないですし。

 モデルみたいに痩せた女性に魅力を感じないのは生命力がなさそうに見えちゃうからなんだろうなあ。

 あ、でも無乳はなんでか好きです。

 うーん、なんか話がまとまらなくなってきた…。

 結局グロテスクって何なんだろうなあ。醜悪? だとしたら生=美に対して死=醜なのか?

 じゃあ生きるために進化してその形になった虫とか深海魚ってグロテスクとは言わなくない?

 死への不安を掻き立てるようなものをグロテスクというんじゃないかと。

 蛇をグロテスクという人って多いけど、旧約聖書でイブにリンゴを食べさせたのも蛇だし、醜悪な怪物っていう認識のメデューサの髪も蛇だしなあ。

 なんか大学時代、人間には蛇に噛まれて死ぬという根源的な恐怖があるって聞いたんですが、その辺りは関係あるんですかね。

 まあ何でそんな話をしてるのかというと、ザエルアポロとグロテスクってなんか繋がってるなあって思ったからなんですが。

 あー、だから特に接点ないのにアーロニーロとザエルアポロのカップリングがあるのか。ちょっと納得。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/04(水) 23:01:55|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テンションが下がらない | ホーム | 人間の力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/45-732cd0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)