FC2ブログ

18禁小説『サドマゾ協奏曲』

 新キャラクター(キャラ設定参照)の18禁小説です!
 鼻フック豚真似、バイブ、失禁、ぶっかけなど久々に性癖大暴走なエロになりました。


『サドマゾ協奏曲』

 寝室での二人の狂態は、淫らという言葉では足りぬものであった。
「可愛いメス豚になりましたね」
 柊はそう言って、姪であり恋人でもある千聖の顎に指を掛けた。
「は、はひ……」
 凛々しい少女の整った顔は首輪から伸びた鼻フックで歪められていた。
「ふが、ああ……」
 鼻の穴を吊り上げられ、上唇が捲り上がり剥き出しになった歯茎。
 更に一糸纏わぬむっちりとした恵体には、酷い落書きがいくつも施されている。
 豚、淫乱、乳牛、マゾ……。そんな言葉だけではなく、乳輪をなぞるように女性器を意味するマークまで書き込まれていた。
 柊からの悪趣味な責めに、千聖は熱い吐息を零した。
「こ、こんなことされてるのに……、感じてます、私……」
 その瞳は欲望からくる涙で潤み、蕩けた表情は驚くほどいやらしい。
「もっと、酷いことして……」
「じゃあ、ちゃんと豚らしくしましょうね」
「はひっ、ぶひっぶひいっ」
 柊が優しい笑みと声で促すと、千聖はみっともなく豚の鳴き真似を始めた。
「君は本当に可愛いですよ」
 低い声で囁き、柊は縦に広げられた千聖の鼻孔に指を入れ左右に引いた。
「ひっ、ふごっ、が……っ!」
 キリキリと縦横に鼻の穴を広げられ、千聖の声が潰れたものになる。
「ふごお……、おっ、おおっ!」
 千聖は呆けたような表情でへこへこと腰を前後に振り始めた。
「そんなに、感じているんですか?」
「感じてる……っ。恥ずかしいのに、感じてます……っ!」
 無毛の股間から太ももを伝う透明な液体が、その言葉を裏付けている。
 柊の涼しげな瞳は、そんな少女を見つめながらギラギラと光っていた。
 千聖はそれに気付かず手を頭の後ろで組み、腰を揺らしながらぶひぶひと鳴いている。
 大きな乳房もそれに合わせてたぷんたぷんと揺れを繰り返していた。
 いやらしい動きで鼻孔を嬲っていた柊の指が千聖の胸の突起へ滑っていき、左右のつんと勃ち上がったそれを摘んだ。
「ふごおっ、おっ!」
 千聖の身体がビクリと跳ねる。
「こんなに淫らな身体をして、いけない子ですね」
 痛いほど硬くなった乳頭をこね回され、哀れな娘の身体がふるふると震えた。
 涙と鼻水で顔を汚しながら、千聖は背を弓形に逸らす。
「ふ、あ、へえ……」
 股間から黄色い液体がちょろちょろと流れ出し、床に水溜まりを作った。
「お漏らしですか。まったく、そんな年ではないでしょう」
「はあ、あ……」
 千聖はぼんやりとしていて柊の言葉に応えない。
 柊の口角が上がり、三日月のような形を作った。
「お仕置き、ですね」
 その手がベッドに散らばっていたアダルトグッズに伸び、バイブを掴む。
 そしてガニ股に足を広げた状態で放心している千聖の秘部に押し当てた。
「そのみっともない格好のままでいるんですよ」
 そう念を押し、バイブの先端をぬぷりと差し込む。
「んおっ!」
 千聖はビクンと身体を跳ねさせた。
「簡単に入っていきますよ、こんなに濡らしていたんですね」
「はひ、豚の真似して腰振ってえ、おまんこぐしょぐしょにしてまひたあ……」
 マゾヒストめいた言葉を紡ぎ、千聖は玩具を締め付ける。
 柊はしゃがみ込み、そんな少女の股間を見つめながらバイブのスイッチをオンにする。
「んおっ! おおおおおっ!」
 激しく膣内を掻き混ぜられ、千聖は獣のような声を上げた。
「おおおおんっ! は、激しいっ! おまんこ壊れるうっ!」
 言われたままにガニ股の体勢は崩さず、ただただ叫ぶ千聖。
 そんな恋人を見て、柊の股間はずくんと疼く。
 暴れるバイブを抜き差ししてやると、千聖は悦びで身体を震わせた。
「ひいっ! いいいいんっ! バイブしゅごいいっ! おほおおっ!」
 白目をむいて犬のように舌を突き出し、千聖は達した。
 ぷしゃあっと潮を吹きながら長い絶頂を味わい、その身を強張らせる。
 柊が満足げにバイブを抜くと、千聖はその場に座り込んだ。
「ひ、はあ……」
 半ば意識を飛ばした彼女は、膣から多量の愛液を溢れさせている。
「可愛いですね、千聖は……」
 欲情した瞳で千聖を見下ろし、柊はズボンから硬く反り返ったイチモツを取り出すと二、三回自らの手で扱いた。
「く……っ!」
 先端から白濁液が飛び出し、千聖のアヘ顔を白く汚す。
「ああ……、おじさんの精液、あついい……」
 一度達して敏感になった身体はそれだけで絶頂を迎え、千聖は再び失禁した。
 尿がフローリングに広がり湯気を立てる。
「後始末は大変ですが、君が淫らに育ったのは嬉しい限りですよ」
 柊は千聖の頭を撫でると微笑んだ。
 ――ずっと思い続けてきた君がマゾヒストだったとは、なんて素晴らしいことなんでしょうね……。
スポンサーサイト

テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2018/02/03(土) 23:07:30|
  2. 18禁その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<18禁『Mの楔』 | ホーム | 18禁小説『悪夢の始まり』>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/02/05(月) 10:43:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます!
私もその台詞書いてて楽しかったです!
  1. 2018/02/05(月) 22:44:59 |
  2. URL |
  3. 亡生紗千 #DHiWGXHI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/441-e1b3e5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)