FC2ブログ

18禁小説『紗々と人留のエロ小説まとめ1』

 『ある夏の日の情事』『君の汚ちんぽしゃぶらせて』『愛で子宮がいっぱい』をまとめました。
 三話とも紗々と人留のイチャイチャエロです。


『ある夏の日の情事』
「暑い……」
 人留は所長の椅子に座ったまま、手の甲で額の汗を拭った。
 人留探偵事務所は今、クーラーが故障中なのである。
「ほんとにねー」
 遊びに来た紗々はソファに寝転がりぐったりとしている。
 窓を開けていると、外から蝉の声が入ってきてますます暑さを感じさせた。
「こう暑いと仕事にならんな」
「まったくね……」
 紗々はそこで言葉を切って立ち上がると、人留に歩み寄った。
 人留の肩に手をかけ、耳元で囁く。
「どうせなら、暑さが吹っ飛ぶくらいえっちする?」
 人留は紗々の体を抱くと、向かい合うように膝の上に座らせた。
「ああ」
 抱き合うと、互いに甘酸っぱい汗の香りがした。
 それは媚薬のように、二人を欲情させた。

 服も下着も脱ぎ捨てた二人は、椅子の上で何度も口付け合った。
 くちゅくちゅと口内を犯す音は蝉の声に掻き消される。
 夏特有のその音が、二人の理性も掻き消していった。
「んっ、ん、ふう……」
 唇を離すと、唾液が糸を引く。
 人留の大きな手が、汗でべた付いた紗々の乳房を掴む。
 豊満な双球は、人留の手の動きに合わせて形を変えた。
 紗々は人留の肩を掴んで自らの体を支えながら、甘い吐息をつく。
「ん、はあ……」
「ひんやりしてて、気持ちいいな」
 人留は呟く。
 紗々の乳房は冷えており、この暑さの中では心地良い。
「ふふ、それは良かった」
 人留の愛撫を受けながら、紗々は淫らに微笑む。
「私は余計に暑くなっちゃったよ。興奮して、さ」
「これからもっと暑くなるぞ、今からそんなことで大丈夫か?」
 人留は苦笑すると、彼女の両胸の突起を摘んだ。
「ふあっ、乳首、気持ちいい……」
 紗々はぶるりと体を震わせる。
 くにくにとそれを弄ってやると、紗々の体がピクンピクンと跳ねる。
 大きな胸はそれに合わせてぷるんぷるんと揺れた。
 視覚的な興奮のせいもあって、人留の股間のモノは既に硬くなり始めていた。
「そろそろ慣らして?」
 その言葉に、人留は頷く。
 片腕を紗々の背中に回して支え、もう一方の手を股間の茂みにやる。
「ぐちょぐちょだ。汗か? それとも……」
「両方だよ」
 紗々はもどかしそうに腰を振った。
 人留は割れ目を撫でていた指を挿入し、膣内を探る。
 熱い膣壁が指を締め付け、離さない。
 それでも強引に、中を掻き回す。
「ひっ、ああっ!」
 紗々の額から汗が伝い落ちた。
「相変わらず感じやすいな」
 指を二本に増やし、中を確かめるように動かす。
「君のせいだと、思うけど……?」
 紗々は腰をくねらせ、それでも余裕の笑みを浮かべた。
「じゃあ、責任を取らないとな」
 人留は愛液でベタベタになった指を抜き去った。
 膝に当たる紗々の股間がひくついている。
「そんなに欲しいのか?」
「欲しいよ、早く責任取って?」
 紗々はそう言いながら、人留のイチモツを手で弄ぶ。
「うっ、手加減、しないからな」
「望むところ」
 二人の瞳に、獣のような情欲の炎が灯った。
 人留は紗々の腰を持ち上げると、ぐっと亀頭を宛てがった。
 そして一気に、落とす。
「うっ、ああっ!」
 人留の巨根が一度に根元まで挿入され、さすがの紗々も悲鳴を上げる。
「はあ……、人留君のちんぽに、子宮こじ開けられてるう……」
 熱っぽい声でそう言い、紗々は人留の体にしがみ付いた。
「望むところなんだろ?」
 人留は喉の奥で笑い、紗々の腰をペニスが抜ける寸前まで持ち上げた。
「まさかまた……」
 紗々の表情が怯えと期待が混じったものになる。
 再びズンッと腰が落ち、子宮口がこじ開けられる。
「んほおおおっ! 子宮に、きてるっ!」
 獣じみた声を上げ、紗々は頭を振った。
 飛び散った汗が床に落ちる。
 人留は紗々の腰を持ち上げては落としを何度も繰り返した。
「おおっ! おっ! 人留君のちんぽっ! 子宮こじ開けてっ、中まで入ってくるっ! 子宮まで、犯されるうっ!」
 はしたない声を上げ、紗々は暴力的な快楽に顔を歪めた。
「子宮口がきつくて、こっちも犯されてる気分だよ」
 人留も余裕のない表情で腰を動かす。
「んっひいいいいっ! このまま、子宮に直接精液注いでえっ!」
「そのつもりだ!」
 人留の動きが激しくなり、密着した二人の汗が混じり合う。
 ズンズンと子宮を突かれ、紗々の声が高くなっていく。
 人留も、子宮口にペニスをきゅうきゅうと締め付けられ、射精寸前だった。
「イクぞ! 子宮に出すからな!」
「うんっ、出してえっ!」
 人留は紗々の体を強く抱きしめ、根元まで巨根を埋め込んだ。
「おほおおおっ!」
 ビュルルルルッと大量の白濁液が子宮を満たしていく。
「ま、まだ出てるう……、子宮パンパンなのにい……」
 紗々は体を痙攣させ、譫言のように呟く。
「ふう……」
 ようやく射精し切った人留は、紗々の中からずるりと萎えたイチモツを引き抜いた。
 ごぽっと音がして、紗々の膣から白濁が溢れた。
 それは落ちた汗と混ざり合う。
「はあ……、あ……」
 紗々は人留に抱き付き、囁いた。
「涼しくなった?」
「いや、むしろ暑くなった」
 だが、と人留は思う。
 ――こんな暑さなら、上等だ。



『君の汚ちんぽしゃぶらせて』
 ここ数日、物凄く忙しかった。
 人留は三日間まともに寝る間もなく、疲れ切っていた。
 疲れマラとは、そういう時に起こるのだ。
「くそ、こんな時に……」
 人留はテントを張っている自らの股間を見て溜め息をついた。
 ようやく書類を書き終わり、これから寝ようかと立ち上がろうとしたらこれだ。
「このまま寝るわけにもいかないか……」
 人留は仕方なくデスクについたままズボンのチャックを下ろし、自身を取り出した。
 むわっと濃い雄の匂いがする。
 ――この三日間、風呂に入る暇もなかったしな。
 これを自分で扱くのもあまり良い気持ちはしないが、仕方がない。
 そんな時だった。
「やっほー、人留君」
 事務所のドアを開けたのは紗々だった。
「お、おう……」
 下半身はデスクで隠れているものの、紗々は何かを感じ取ったらしい。とととっと人留の隣に来て下半身を覗き込む。
「うわ、どうしたの? ギンギンじゃない」
「おい、見るな」
 人留は顔を赤くしてイチモツを隠そうとするが、簡単に隠れるようなサイズではない。
「匂いも凄いし」
「ここのところ忙しくて、抜く暇も風呂入る暇もなかったんだよ」
「へー」
 紗々はそれをじっと見つめると、ニヤリと笑った。
「ねえ、私にやらせてよ」
「はあ?」
「私が抜いてあげるって言ってるの」
 とても魅力的な提案だが、人留はすぐさま拒否する。
「汚いからやめとけ」
「えー、それがいいんじゃないか。雄の匂いがむんむんして、興奮してきちゃったよ」
 問答無用、紗々は人留の勃起したモノの先端を指でくりくりといじる。
「うっ……」
「ねえ、こっち向いてよ。君の汚ちんぽしゃぶらせて?」
 とびきりいやらしい笑みを浮かべた紗々はこれ以上ないほど魅力的で、人留は溜め息をついた。
「わ、分かった。頼む」
 人留は椅子ごと紗々の方を向くと、そそり立つ自身から手を離した。
 紗々は人留の足の間に跪き、それに顔を近付けた。
「凄い匂い、頭がくらくらする」
 うっとりとした表情を浮かべて赤黒く脈打つモノに手を添えると、紗々はその先端をちろりと舐めた。
 汗とカウパーの混じった湿り。
「苦くて、しょっぱい」
 そう言いながら、鈴口を焦らすようにちろちろと舐める。
「う、く……」
 人留はもどかしさに声を上げた。
 紗々はその顔を見上げると、ふふっと笑った。
「イイ顔してる。大丈夫、もう焦らしたりしないから」
 そしてあーんと口を開け、竿を半分ほど口に含んだ。
 ちゅぽちゅぽと音を立て、口内で出し入れを始める。
 舌を絡ませ、唾液を滴らせ、まるで売女のように行われるフェラチオ。
「くっ、イイ……」
 人留は呻き声を上げ、紗々の行為に酔いしれた。
「うぷっ、ちゅぱっ、じゅぷっ」
 唾液とカウパーでどんどん激しくなる水音。
 それと共に紗々は両手で玉をやわやわと揉みしだく。
「た、玉までされたら、もう、出る……」
 人留はそう言いながら、思わず紗々の頭を押さえていた。
「んんっ、ごふっ!」
 元々精液を飲むつもりまではなかったためか、紗々の目が大きく見開かれる。
「んぷ、うう、うー!」
 頭を離せと首を振ろうとする紗々だが、人留の力は強い。口一杯に頬張っているため、白濁液は漏れることなく口内に溜まっていく。
「ぐう、う、ふううっ!」
 紗々の頬は限界まで膨れる。それでも止まらぬ精液が鼻水のようにぴゅっと飛び出した。
 精液が止まっても人留は手を離さない。ドロリとした精液を飲み干すことを無言で強要しているのだ。
「んぐっ、んく、ん……」
 溜まりに溜まった濃い精液を、涙目で飲み込んでいく紗々。
 なんとか飲み干したのが分かると、ようやく人留は紗々の頭を離した。
「はあ、はあ……」
 満足そうな人留の顔を、紗々は荒い息をつきながら睨み付ける。
「飲むとは言わなかった」
「悪かった、つい」
 人留は謝罪しつつも、気分の良さを隠し切れていない。
「酷い顔だ」
 紗々は鼻から精液を垂らしているのだ。
「誰のせいだよ……。洗面所借りるからね!」
 立ち上がろうとした紗々の肩を、人留が掴む。
「なに? え、ちょっ……」
 紗々の目の前には、未だそそり立つイチモツ。
「ここからが本番だ。責任、取ってくれよ」
「いや、ちょ、君……。待っ……」
 焦りの表情を浮かべる紗々を、人留はニヤリと笑って見下ろした。



『愛で子宮がいっぱい』
 ムラムラする。
 ここのところ紗々と会えず、セックスもオナニーもしていなかったせいだろう。
 人留は溜め息をついた。
「どうしたの?」
 久々にやってきた紗々はデスクに手をつき、その顔を覗き込む。
「いや、何でもない」
 自分は紗々の体が目当てではないのだ、と顔を逸らす人留だが、つい横目で彼女の豊満な体を見てしまう。
「やりたいならそう言えば?」
「い、いや! そういうわけじゃ!」
「君ごときの心が読めないわけないでしょ。あんまり溜めたら体に毒だよ?」
 そう言うと紗々はジーパンを脱ぎ、人留に大きな尻を突き出すようにデスクに四つん這い人なった。
 臀部を包む黒いパンティーが、割れ目に沿って湿っているのが分かる。
「痴女か、お前は……」
 人留は再度溜め息をついた。
「踏み出せない君の背中を押してあげてるんだから、感謝してよ」
「ったく……」
 悔しいが、紗々の言うとおりだ。
 人留は彼女の下着をするりと下ろし、局部を見つめる。
 やや毛の濃いそこは、開き始めた花のようだった。
 ぐっと尻たぶを掴んで割り開くと、赤い割れ目からとろりと蜜が溢れ出す。
「お前だって、やりたかったんじゃないか」
「ふふ、まあね」
「だったら……」
 人留は紗々の尻に顔を押し付け、割れ目を舐め上げた。
「ひゃっ、そんなに、押し付けたら……」
 さすがに恥ずかしかったのか、紗々は声を上げる。
 だが欲望のスイッチが入った人留は、濃厚な雌の匂いを吸い込みながら膣内に舌を押し込んだ。
「はあ……っ。ははっ、えっちなとこ、舐められてる……」
 淫らな水音が、事務所に響く。
 舌で膣内を刺激すると、愛液は止めどなく溢れ出した。
 ――溺れそうだな……。
 それに、舌が蕩けそうないやらしい雌の味。
「ぷはっ」
 そこから顔を離すと、人留は濡れた口元を拭う。
「もう、我慢できない……」
 チャックを下ろして怒張した巨根を取り出し、人留は紗々をひょいと抱えるとその体を落とすようにして一気に貫いた。
「んひいっ! いきなり、深いいっ!」
 巨大なペニスが、子宮を押し上げる。
「はあ……。いつもより、きついな……っ」
 人留は紗々の体をがっちりと捕え、上下に揺さぶった。
「それは、君が、あんなに舐めたからあ……っ! んっ、ちんぽがっ、子宮の入口、ノックしてるうっ!」
 体を落とされる度に亀頭が子宮口をこじ開けようとする。その感覚に紗々は酔いしれた。
「ああっ! 激しいよおっ! 人留君とのえっち、さいこおおっ!」
「俺以外じゃ、満足できないようにしてやるっ!」
 一際強く紗々の体を落とすと、ごぷんっと子宮が先端を飲み込んだ。
「おほおっ! 子宮にちんぽ入ってきたああっ!」
 雷に打たれたような衝撃に紗々はビクンと大きく体を跳ねさせ、叫ぶ。
「おっきいちんぽに、子宮まで犯されてるううっ!」
「くっ、子宮口が締め付けてきて、ヤバい……」
 人留の方にも余裕はなくなり、達する寸前のペニスが膣内でビクビクと脈打っていた。「はああ……、出してっ、熱いせーえき、たっぷり子宮に注ぎ込んでええっ!」
「言われなくても……、ぐっ!」
 ずんっと突き上げ、欲望を爆発させる。
「んひいいいいっ!」
 子宮が熱い白濁液でいっぱいになっていった。
 紗々の体から力が抜け、デスクにぐったりと突っ伏す。
「はあ……、気持ちよかったあ……」
 絶頂の余韻に浸る紗々に、人留は覆い被さるようにして抱き締めた。
「重いよ」
「これくらい、我慢しろ」
 射精して萎えたはずのイチモツが、再び硬くなる。
「第二ラウンド、いっちゃう?」
「ああ、当然だ」
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/11/04(金) 09:58:00|
  2. 創作『クソッタレどものラブソング』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『紗々と人留のエロ小説まとめ2』 | ホーム | 小説『はじめてのおつかい』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/348-76d3fd3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)