FC2ブログ

第二話『イツマデモ』

 うたた寝をしていた紗々は、奇怪な鳥の鳴き声を聞く。


『イツマデモ』
 ――イツマデ……、イツマデ……。
 浅い眠りの中で、あの声を聞いた。
 縁側でうたた寝から目覚めた紗々は、手元にあった今昔画図続百鬼のページをなぞった。
「以津真天」
 奇怪な鳥の名を、呟く。
「おい、紗々」
 人留に名前を呼ばれ、彼女は我に返った。
 庭に入ってきた人留は、紗々の姿を見るとほっと息をつく。
「呼んでも返事がないのに鍵が開いてたから、心配した」
「そっか」
「無用心だぞ」
「ごめん」
 紗々は言葉だけの謝罪をすると、寝転んだまま人留に問いかける。
「君、人を殺したことは?」
「はあ? あるわけないだろう」
「そう、か……」
 ――イツマデ、ワタシノ屍ヲホウッテオクノカ……。
「あれは、どこに埋めたかなあ……」
 きっと怪鳥は、これからも鳴き続けるのだろう。
スポンサーサイト



テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/07/04(月) 20:21:54|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『紗々&人留~恥辱のダンス~』 | ホーム | 第一話『桜が語った遠い記憶』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/324-37005817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)