FC2ブログ

第一話『桜が語った遠い記憶』

 色々あって、紗々を怪奇小説家設定に変更しました。先日書いた桜の話の修正版となります。


『桜が語った遠い記憶』

 昔から、人留献也は桜が怖かった。
 何故かは知らないが、桜を見ると不安になった。
 そんな彼とは対照的に、この女は桜が好きらしい。
 人留とは長い付き合いである怪奇小説家、絆紗々は桜の木を見上げて微笑む。
「ねえ、人留君。綺麗でしょう、この桜。人も来ないし、絶好の場所だと思わない?」
「――あ、ああ」
 確かに、美しくはあった。
 丘の上にたった一本佇む孤独な桜はどこか非現実的で、遠い遠い過去の記憶を呼び覚ますようで。
 逃げる彼を追う男。男は彼の腕を掴んで引き倒し、その手に光るナイフで心臓を貫く。
 何度も、何度も、何度も……。
 ――待て、それはいつの記憶だ。
 そんな経験はしたことがない。それなのに、まるで映画を観ているかのようにはっきりと、脳裏に思い描けた。
「人留君?」
 紗々に呼ばれ、彼は我に返る。
「顔色が悪いよ。そろそろ帰ろうか?」
「ああ、すまん。そうしよう」
 人留は額を押さえ、首を縦に振った。
「妙な白昼夢でも、見たような気分だ」
 丘を下りながら、彼は話した。
「殺される、夢を……」
「それは」
 紗々は振り返り、立派な満開の桜に目をやる。
「前世の記憶、かもしれないね」
「前世って、冗談だろう?」
「桜が語った、遠い記憶……」
 彼女はくすりと笑って人留の胸に指を当てた。
「なんて、ね」
「小説のネタにでもしてろ」
 人留は溜め息をついた。
 そんな彼らとは反対に、丘を上がってくる男が一人。
 きっと彼も、桜を見に行くのだろう。
 男は、すれ違いざまに笑った。
「あの時は、楽しかったな」
 遠い記憶の殺人鬼が、笑った。
スポンサーサイト



テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/07/03(日) 21:13:38|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二話『イツマデモ』 | ホーム | 第二章『彼女の名前は道連縁日』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/323-20f6d711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)