FC2ブログ

18禁小説『開発されちゃう』

 修正版、水上と千夜で連続絶頂、潮吹き、バイブなど。


『開発されちゃう』

「お前を、もっと開発してみたい」
「開発?」
 ベッドで睦み合っている最中の水上の発言に、千夜はきょとんとする。
「開発って……。アンドロイドにするとか?」
「性感開発だって」
 水上は苦笑し、千夜の尻を撫でる。
「んっ、これ以上……、ですか?」
「ああ、これ以上、だ」
 水上は床に置いていた鞄から手錠を取り出し、俯せになっている千夜を拘束してしまった。
 ベッドヘッドに手首を固定された千夜は、不安そうに水上の方を振り向く。
「な、何するんですか?」
「だから、もっと感じやすくてエロい体にしてやろうかと」
 水上はニヤリと笑い、千夜の腰を持ち上げる。
「や、こんな格好……」
 腰だけを高く上げているという恥ずかしい姿。水上はそんな千夜の股間をまじまじと見つめた。
「ケツの穴まで丸見えだな。ピンク色のアナルが……」
 つんつんとつつくと、肛門がきゅっと締まる。
「ま、今日はこっちじゃないんだが」
 そう言い、水上はじわりと濡れている割れ目をつーっとなぞった。
「あんっ!」
 千夜は身を捩るが、当然手錠が外れることはない。
「何度もヤッてんのに、まだ綺麗な色してるんだよなあ」
 水上は大陰唇を摘むと、くぱあとそこを広げた。
「うう、恥ずかしい……」
 千夜の顔は林檎のように真っ赤になっている。
「どんどん蜜が溢れてきてるぜ。恥ずかしくて感じちまったか?」
 意地悪く問いかけながら、水上は外気に晒されてひくつく膣肉を観察した。
 そこはまるで別の生き物のようだった。淫らに轟く淫靡な生物。絡み付いたら雄を離さないいやらしい性器に、水上はすっかり囚われていた。
「俺だけお前の虜になるのは、イーブンじゃないだろ。お前も俺無しでいられない体になってくれよ」
 指の出し入れを始めると、千夜の体がピクンピクンと小刻みに跳ねる。
「あっ、あっ! なんですか、それえ……っ!」
 口を押さえることもできず、少女の唇からは淫らな声が漏れた。
「ふっ、あ、そんなとこ、くちゅくちゅしないでえ……っ!」
「もっと大きい音を立ててほしいのか?」
 水上の長い指がギリギリまで抜かれたかと思うと、一気に根元まで挿入された。
 じゅぷんじゅぷんと派手な音を立ててそれを繰り返すと、愛液が飛び散った。
「あああんっ! そんな、激しいいっ!」
 膣壁を勢いよく擦られ、燃えるような快感が千夜を襲う。
「お、おまんこ焼けちゃうっ! あついひっ!」
「そんなに感じてたら、体がもたねえぜ?」
 そう言いながら、水上は千夜が一際反応する場所を探した。
 そして探り当てた一点を、重点的に責める。
「あひいっ! そこお、らめえ……っ!」
「ここ、だな?」
 指の腹でぐりぐりと嬲ると、千夜の体が激しく震えた。
「あああああっ! そこおっ! やめへえええっ!」
 大きな瞳から涙を零し、ひたすら喘ぎ声を発する口からは涎が垂れた。
 愛液が小便のように垂れ流され、シーツを濡らす。
「可愛いぜ、千夜……」
 水上は千夜の耳元で囁きながら、責めることはやめない。
「き、きもち、よすぎて、頭おかしくなりゅうっ!」
「おかしくなってくれよ。俺のことしか、考えられないくらいにな」
 そう言いつつも、彼は指を引き抜いた。
「は、ひい……」
 千夜の体から力が抜け、足を広げたまま腰が落ちる。
「ああ……、は……」
 まだ愛液は止まらず、溢れ出していた。
「さてと、たまには玩具を使うか」
 水上が取り出したのは、イボの付いたバイブだ。
 ぼんやりとしている千夜の瞳にそれは映らず、耳にも言葉は入ってこない。
「拒否しないなら、良しと取るぜ」
「ふえ……? おおっ!」
 ぬぷり、とバイブが膣に侵入していく。
「あう、ああ……、ふといい……」
 直径五センチほどのそれは、ぴっちりと膣を塞いでしまう。
 そして水上がスイッチを入れると、バイブはモーター音を上げて凶暴に膣内を掻き回し始めた。
「ひゃああああっ! は、激しすぎるううっ!」
 膣壁をシリコン製のイボが刺激し、爆ぜるような快感を生み出す。
「おーっ! おーっ! イグッ! イグうううっ!」
 千夜はビクンッと体を強ばらせ、絶頂を迎えた。
 しかし水上はスイッチを切ることはない。それどころかバイブの抽挿を始めた。
「あぐううっ! イッでるううっ! イッでるのにいいいいっ!」
 千夜の体は痙攣し、限界を訴えていた。
「たまにはいいだろ? その先を味わうのも」
「ひいいいいっ! おまんこ、馬鹿になりゅううっ! 感じっ放しになりゅううっ!」
 愛液でてらてらと光るバイブを抜き差しする度、ぷしゃっぷしゃっと潮が吹き出した。
「イキ過ぎて、お潮止まりゃないいいっ!」
「くくく、本当に可愛いな、お前は」
 水上はズンッと最奥までバイブを押し込んだ。
「おごっ!」
 千夜は短い声を上げ、一際大きく体を跳ねさせると意識を手放した。
「おっと、気絶しちまったか」
 バイブをずぽんと引き抜き、水上は蜜で塗れたそれに舌を這わせた。
「起きたらもっと開発してやるよ、千夜」
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/06/18(土) 14:39:30|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『好奇心の産物』 | ホーム | 18禁小説『深夜の散歩』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/314-357a4b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)