FC2ブログ

18禁小説『アナルゲーム』

 人留と紗々でスカトロ系です。
 紗々の肛門括約筋が衰えていないか試すため浣腸。脱糞、放屁など。


『アナルゲーム』

「ねえ、今日はアナルでしようよ」
 人留のベッドで服を脱いで寝転ぶと、紗々は自らの尻を見せ付けた。
 人留の方は、ネクタイを外しながら眉間に皺を寄せる。
「またか?」
 紗々は最近アナルセックスにハマっている気がする。実際彼女の肛門はぷっくりと盛り上がり、使い込まれていることを証明していた。
「うん。まあアナルの方が締まるし、君としてもいいんじゃない?」
「俺はノーマルなセックスの方がいい」
「えー」
「大体、あんまり使い過ぎたら括約筋が機能しなくなるんじゃないか?」
「さすがに漏らしたりはしないよ」
「じゃあ……」
 人留は「ふむ」と息をついた。
「ゲームに勝てたら、アナルでやってもいい」

 人留は全裸のままの紗々を風呂場へと導いた。
「ゲーム、ね」
 紗々は内容を聞いた上で、その申し出を受けた。
 人留がシャワーヘッドを外している間に、彼女は尻を突き出すように屈む。
「よし」
 人留はシャワーホースの先端を、紗々の柔らかいアナルにつぷりと差し込んだ。
 そして蛇口を捻り、ぬるま湯を出し始める。
「ん、あ……」
 腸内に湯が流れ込むと、紗々は甘い声を上げた。
 ゲームはこういうものだ。浣腸をして十分間漏らさずに耐えたら紗々の勝ち、肛門括約筋が衰えていないことを証明できたということだ。
「これくらいに、して……」
 腹がぽっこりと膨らんだ辺りで、紗々は苦しそうに静止した。
「ああ、いきなり漏らしたりするなよ」
 ゆっくりとホースを抜き去ると、きゅっと肛門が締まり皺が深くなる。
 小さく震えている蕾はとても卑猥だ。肛門周りにわずかに茂る陰毛が、下品さを際立たせていた。
 人留はアナルがよく見えるように肉付きの良い尻たぶを掴み、軽く開いた。
「恥ずかしくないのか? ケツの穴丸見えで」
 言葉で軽く責めると、紗々は「ふふ」と笑う。
「今更、でしょ」
「それもそうか」
 そんなことを言っているうちに、腕時計が三分の経過を告げた。
「ふう……」
 紗々は額に脂汗を浮かべ、肛門をきゅっと締めた。
 ぐるぐるぐる、と腹が不穏な音を立てる。
「ああ、ん……、出したい……」
「まだ半分も経ってないぞ」
「分かってる、けど……」
 紗々は整った顔を歪め、「ふー」と息をついた。
 そんな紗々に嗜虐心を煽られた人留は、弾力のある尻を強く揉みしだいた。
「ひんっ! 今、そんなことしちゃ……」
「妨害しないとは、言ってないだろ」
「そうだけど……」
 苦痛から逃れるためか、無意識に腰が揺れる。
「本当に、エロいな」
 人留は溜め息をついた。
 ――そりゃあ、男が寄ってくるわけだ。
 そんな思いに駆られた彼は、紗々の肛門周りに生えている縮れ毛を二、三本摘むと軽く引っ張った。
「ひゃっ! そんなところの毛、引っ張らないでよ……」
「みっともないから抜いてやろうと思ったんだが」
「抜かないでっ! 今、そんなことされたら出ちゃう、から……っ」
「へえ」
 人留は小さく笑った。
「本当に出るか、試してみるか」
「ちょ、ちょっと!」
 摘んでいた陰毛を、ぶちぶちと抜き去る。
「いっ! つううっ!」
 その瞬間肛門が緩み、軟便がぴゅっぴゅっと噴き出した。
「ああ、ちょっと出ちゃったあ……」
「惜しかったな、八分だ」
 人留は腕時計に目をやり、時間を告げる。
「でも、まだ全部は出してな……、いっ!」
 ぎゅるるるるっと派手な音が鳴り、紗々は言葉を飲み込んだ。
「どうせもう、全部出るだろ」
「出さない、よ」
「へえ」
 だが腹はまた音を鳴らし、苦痛に紗々は顔を歪める。
 今度はぶぴっという下品な音と共に、先程より多量の便が吐き出される。
「そうは言っても、もう限界みたいだな」
「く、悔し……、いいいいいっ!」
 人留の言う通り、限界だった。
 紗々のアナルが開き、ぶぼっと酷い放屁音を鳴らしながら溜まっていた汚物を撒き散らす。
「ぐううっ! 恥ずかしいのに、止まらないっ!」
 茶色い液体を排泄し切っても、緩んだ肛門からは間抜けな音が出続けた。
 ぷぴっ、ぷっ、ぷすうっ、と気の抜けるような音を鳴らしてようやく止まった頃、紗々の顔は林檎のように真っ赤なものとなっていた。
「随分だらしないケツ穴になってたじゃないか」
 人留はそう言うと、シャワーで汚物を流した。
「こんなはずじゃ、なかったのに……」
 紗々は羞恥心から泣きそうな声を出す。
「ま、しばらくはアナルセックス禁止だな」
「うう……」
 さすがの紗々も、その言葉に従うしかないのだった。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/04/20(水) 19:42:37|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『陥落ゲーム一日目』 | ホーム | 18禁イラスト・紗々で薬漬け肉体改造鼻フックなど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/302-23e73488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)