FC2ブログ

18禁小説『君は俺の変態少女』

 水上と千夜でアナルセックスです。
 少し変態ちっく。


『君は俺の変態少女』

「千夜ってさ、アナル好きだよね」
 ソファに座る水上の言葉に、千夜は「はあ?」と声を上げた。
「いや、前一回アナルに指入れたけど、随分悦んでたなあと思って」
 水上はにやにやと笑い、眉間に皺を寄せる千夜を抱き上げて対面するよう自分の膝に座らせる。
「人を変態みたいに言わないでくださいよ」
 千夜は子供っぽく口を尖らせて抗議した。
「でも本当だし」
 水上は微笑み、千夜のスカートを捲るとパンツ越しに尻を撫でる。
 肉付きの良い大きな尻は感度が良く、千夜はふるりと身震いした。
「こんなに簡単に感じちゃうもんなあ」
「それは、水上さんの触り方がえっちだから……」
 顔を赤らめて悪態をつきつつも、千夜は抵抗する様子を見せない。
「嬉しいな、俺がテクニシャンってこと?」
「褒めてないです!」
 ぷい、とそっぽを向いた千夜の頬にキスをし、水上はするりとそのピンク色のパンティーをずり下ろした。
 そして自らの人差し指を舐めると、つぷりと千夜のアナルに差し入れる。
「ひゃっ!」
 千夜の体がビクンと跳ねたが、そんなことはお構いなしに指をぐるりと動かす水上。
「ん、はあ……」
 彼女は人差し指の関節をかり、と噛む。これは感じている時の癖だ。
「腸液で濡れてる。これなら滑りが良くて安心だ。アナルなのに濡れちゃうなんて、千夜は変態だね」
「そんなの、ただの生理現象でしょ……、ひっ!」
 水上が指をぬぷぬぷと出し入れすると、千夜は甘い声を上げ始める。
「あ、あ……、ふう……」
「感じるのは生理現象じゃないだろう?」
「そ、そうですけど、でも……」
「ん、なに?」
 問いかけながら水上は指を二本に増やし、抽挿を激しくする。
「んひっ! ああっ!」
 千夜はとろんとした瞳に涙を浮かべ、だらしなく口を開く。
「アナル弄られてトロ顔晒しちゃうなんて、変態の証拠じゃないか。天才じゃなくて変態だね」
「うう、ん……」
 言葉責めをされても反論する余裕がない千夜の尻穴は、きゅうきゅうと指を締め付ける。
「ふふ、離してくれないみたいだ。だけど抜かなきゃ」
 水上はちゅぽんといやらしい音を立てて指を抜いた。
「ひゃ、う……」
 異物を失ったピンク色の菊門はパクパクと収縮を繰り返し、新たな刺激を求めている。
「ここに、ちんぽ欲しい?」
 水上は屹立したイチモツを取り出し、千夜の耳元で囁いた。
「おちんちん……?」
 千夜は呆けた表情で聞き返す。
「そう、アナルセックスする?」
「したい、れす……」
 指で昂ぶらされた千夜は、素直に答えた。
「じゃあ、ちゃんと認めるかい? 変態だからアナルセックスしたいって」
 水上は悪魔のような笑みを浮かべたが、彼は今、千夜にとっては快楽を与えてくれる天使だ。
「私、変態だから、あにゃるせっくしゅしたい、です……」
 水上に縋り付き、千夜は舌っ足らずな口調でそう言った。
「ふふふ、いい子だ」
 そんな千夜の頭を撫でると、水上はその腰を持ち上げて肛門に亀頭を押し付けた。
「たっぷりと味わいな」
 にゅぷんっと長くグロテスクなペニスが千夜の尻穴を貫く。
「おほっ! おおおっ!」
 千夜ははしたない声を上げ、開けたままの口から涎を零した。
「あひっ、おちんちんっ! お尻の穴に入ってきたあ……っ!」
 その肛肉は悦び、水上のペニスを強く締め付ける。
「ああ、可愛いよ千夜。淫らで可愛い……」
 水上は彼女の口端から垂れる涎を舐め取り、笑う。
「千夜のこんな姿を知ってるのは俺だけだ。そう思うと最高に感じる、俺だけの千夜」
 水上はうっとりした表情を浮かべながら腰を突き上げる。
「んにゃあああっ! お尻に、おちんちんはめられてっ! みっともないいっ!」
「うん、みっともないよ。アナルセックスでアヘ顔晒して、恥ずかしいね」
「おっ! おおっ! でも、気持ちよくてえ! 仕方にゃいのおっ!」
 千夜は半ば白目をむきながら、だらりと舌を出す。
 水上はそんな舌に自らのそれを絡め、ディープキスをした。
 尻だけでなく口内まで犯し、愛する少女を征服している悦びを味わう。
 二人の舌の間で唾液の糸が引くころ、水上と千夜は限界まで昇りつめていた。
「はっ、中に、出していいかなっ?」
 こめかみに汗を浮かばせ、水上は問いかける。
「いいっ、ですよっ! 精液、ほしいです!」
「よし、受け止めてくれ!」
 水上は一際強くぐんっと突き上げると、絡み付く肛内に白濁液をぶちまけた。
「んおおおおっ! 熱いのくるっ! きてるううっ!」
 千夜はピンと背筋を伸ばすと、ビクンビクンと体を痙攣させる。
「お、お……」
 そのまま意識を手放した千夜の体を、水上は抱き締める。
「あー、可愛い。ほんっと可愛い」
 この上なく嬉しそうでだらしない顔をし、彼は千夜の唇に何度もキスをした。
「他の男が引くくらいの変態に調教してあげるから、俺のものでいるんだよ」
 届いていないその言葉は、変態じみていた。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/02/13(土) 17:36:29|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『痴漢はだあれ』 | ホーム | 18禁小説『二度目は幸せな』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/278-9a7ce914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)