FC2ブログ

18禁小説『深夜の散歩』

 月船と千夜で深夜の露出プレイです。
 クリ責めや潮吹きなども。


『深夜の散歩』

 どうしてこんなことを了承してしまったのかと、千夜は後悔していた。
「もっと速く歩かないと、夜が開けてしまいますよ」
 前方の月船からの声が彼女を急かす。
「わ、分かってます、けど……」
 火照った体に当たる夜風は心地良いはずだった。
 しかし、そんなことを感じている余裕など千夜には無かった。
 アイマスクと首輪を付けられ、靴とニーソックス以外は何も纏っていないこの状況。
 ――月船さんは、意地悪だ……。
 露出プレイというものをさせられている千夜は、きゅっと唇を噛んだ。
 ――こんなの、断れば良かった。
 恋人に流され、調教を施されているような気がしてならない。
 深夜で通りに人はいないのだろうが――もしいたら騒ぎになっているだろう――、豊満な乳房と薄く毛の生えた恥部を晒して歩くのは、死ぬほど恥ずかしい。
 首輪から伸びるリードを手にした月船に連れ回され、千夜は自分が今どの辺りにいるのかも分からなかった。
 だが、子宮の辺りが熱い。
 ――まさか、こんなことで感じてる?
 千夜は足をすり合わせるような歩き方をしていた。
 ――あ、あそこがキュンキュンしてる。乳首もじんじんするし……。
 自らの体の異変を感じ、自己嫌悪に陥る。
 愛液がつうっと太ももを伝ったのを、月船に気付かれたくはなかった。
 歩く度にたゆんたゆんと揺れる乳房には、ほんのりと赤みが差している。
 ふいに、月船が立ち止まる気配がした。
「ど、どうしたんですか?」
「すこし、用事を思い出しまして」
「じゃあ……」
 こんなことは終えて、帰ろうと言うのだと思った。
「すぐに済ましてきますので、ここで待っていてください」
「え?」
「電柱にリードを繋いでおきますから、ね?」
「ええっ!」
 千夜は戸惑うが、月船は本気らしい。リードを括りつける音がする。
「ま、待ってください。こんな格好で……」
「ああ、私が帰ってくるまで、犬のようなポーズを取っていてくださいね。そうしないと……」
 月船は優しい声音で千夜に囁く。
「お仕置き、しますよ?」
 千夜は身震いをした。
 ――お仕置きって、これより酷いことだよね……。
「い、犬みたいなって、こうですか?」
 股を開いてしゃがみ、両手を招くような形にして、ちんちんをしている犬を真似てみる。
「ふふ、そうですね。それで待っていてください」
「う、はい……」
 千夜が震える声で答えると、月船の足音が遠ざかっていく。
 ――恥ずかしい……。それに、もし誰かに見付かったら……。
 警察に通報されるだろうか。それとも、犯されるだろうか。
 考えを巡らせていると、外気に触れている股間がひくひくと疼いた。
 ――って、何感じてるんだ私は。
 恋人のプレイに付き合わされているうちに、すっかり変態になってしまったのかもしれない。
 不安に思いながら、ただ月船の返りを待つ。
 何分ぐらいが経ったのかは分からない。しかし、足音がこちらに向かってくるのに千夜は気付いた。
「月船、さん?」
 か細い声で尋ねるが、返事はない。
「月船さんですよね? 違うの? だれ……?」
 ――月船さんじゃなかったら……。
 足音は、千夜の前で止まった。
 鼓動が高鳴る。冷や汗が、頬を伝った。
「月船さん、何か言ってくださいよ。――ひゃっ!」
 突然、むにゅりと乳房を鷲掴みにされる。
 その手は乱暴に、千夜の柔らかい双球を揉みしだく。
「ひっ、いやあ……」
 月船なら、こんな乱暴な触り方はしない。
 ――じゃあ、誰?
 恐怖が脳を支配する。
「あ、あ……っ」
 それでも体は感じていた。乳首を摘んでぐにぐにと弄ばれ、千夜の体はビクビクと反応する。
 何も考えられなくなった千夜が行き着いた答えは一つ。
 ――とにかく月船さんに言われた通り、この格好のままでいなきゃ。
 混乱した思考は、そこに辿り着いた。
 千夜は震えながらも犬のようなポーズをキープし続ける。
 「はあ、は……」
 乳首を散々いじられ、息をつきながらも股は開いたまま。
 他人から見れば、完全な痴女だ。
 相手は次に、その無防備な股間に手を伸ばした。
「んひいっ!」
 充血していた剥き出しのクリトリスをきゅっと摘み、扱かれ、千夜は悲鳴を上げた。
「く、クリい、だめえっ!」
 最も弱い所を相手は滅茶苦茶にいじり倒す。
 千夜は感じるあまり、「はっはっ」と荒い息をつき、だらしなく舌を垂らす。――まるで本物の犬のようだ。
「ひっ、クリ、やめへええっ!」
 呂律も回らないまま懇願するが、相手がやめることはない。
「んほおおおっ! クリ、そんなにされひゃらああっ!」
 千夜は涎を零し、叫ぶ。それでも月船に頼まれたことは守った。
 太ももはプルプルと震え、ぱっくり開いた割れ目から止めどなく溢れる蜜が、地面に水溜まりを作っている。
 ようやく相手は肉芽を弄ぶのをやめた。
「は、ひ……」
 しかし安心する暇すらない。膣へと二本の節くれだった指が挿入され、じゅぷじゅぷと激しく出し入れを始める。
「んおっ! おおおおっ!」
 クリトリスへの刺激で達しかけていた体は、一気に絶頂を迎えた。
「おっ、おおっ! イグうううううっ!」
 千夜の体はガクガクと震え、過ぎた快感に局部から潮が吹き出す。
「も、ゆるひてええええっ! イッてる! イッてるのおおっ!」
 とろとろになったそこを刺激する指は、動きを止めることはない。
「ちゅ、ちゅきふねしゃん、早くきてえええっ!」
 そう叫ぶと、彼女は二度目の絶頂を迎え体を強ばらせた。
 相手はようやく指を抜き、ふふ、と笑った。
「あへ……、月船、さん?」
 千夜はぼんやりしたままその名を呼ぶ。
「ええ、私ですよ」
 月船は千夜の視界を覆っていたアイマスクを外すと、その頭を撫でた。
「ちゃんとその格好で待てましたね。いい子です」
「は、は……。月船さん、だったのかあ……」
 その顔を見て安心したのか、千夜は怒ることも忘れてぺたんと座り込んだ。
「とても可愛かったですよ。私ではない相手だと思いながらもイッてしまう君は」
「そう、ですか……。あの」
「はい?」
「もう少し、散歩しましょうよ」
 欲情に塗れた表情で、彼女は誘う。
「喜んで」
 熱いその体が冷めるのは、いつになるだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/01/17(日) 18:29:26|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『悪魔のゲーム1』 | ホーム | 18禁小説『恋人を悦ばせるサプリ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/258-d9cbc395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)