FC2ブログ

18禁小説『ザーメン永久機関』

 朝から人留にフェラする紗々。からの連続顔射です。
※以前アップしたものとほぼ同じです。


『ザーメン永久機関』

 目を覚ました人留は、股間に刺激を感じて布団を捲った。
「あ、おはよー」
「なっ!」
 刺激の正体は紗々だった。この女は朝っぱらから人留の巨根をしゃぶっている。
「お前なあ……」
「気にしなくていいよ。私が勝手に盛ってるだけだし、君はちんぽ出しててくれればいいから」
 紗々はにやりと笑い、男根の裏筋を舐め上げた。
「っ!」
 人留はビクンと体を揺らし、肉棒を更に大きくさせた。
「ふふ、感じてる? 嬉しい」
 紗々はそう言うと大きく口を開け、それを半分ほど頬張った。
「んふう、おっひい……」
 頬張ったまま喋られると、舌や歯が当たる。その刺激に、人留は限界を覚えた。
「もっ、やめろ……、出る……っ!」
 紗々の頭を掴み、咄嗟に自身から離させる。
「んあっ!」
「くっ!」
 だが、口からペニスが出る時の刺激を受け、人留は達してしまった。
 勢いよく飛び出した白濁は、紗々の顔を汚す。
「あー、もう、酷い! 精液飲みたかったのに!」
 所謂顔射をされた紗々は珍しく声を荒げ、怒り出す。
「は?」
「大体顔射とか中途半端にマニアックだし、人留君の変態!」
 ――いやいやいや……。
 これは事故だ。いや、むしろ紗々がしゃぶってきたのが原因なのだから、当たり屋と言った方が近い。
 さすがの人留もキレた。
「えっ?」
 左手で紗々の頭を掴み、右手で自らの萎えたペニスを握る。
「ちょ、ちょっと、人の目の前で何を……」
 焦った様子の紗々の眼前で、イチモツは再びむくむくと大きくなっていく。
「気にするな、俺が勝手に盛ってるだけだ。お前は黙って顔射されてればいい」

 数分後、紗々の端正な顔は精液でドロドロになっていた。
「ぐうっ!」
 また一発、人留は紗々の顔面に射精する。
「んはああっ! 人留君のザーメンまたきたあっ!」
 紗々のその声は怒りからくるものではない、悦びからくるものだ。
「人留君のザーメンパックしゅごいのおおっ! 鼻にまで入ってきて、ザーメンの臭いしかしないよおっ!」
 精液の感触や臭いですっかり興奮してしまった紗々は、うっとりとした表情で卑猥な言葉を叫ぶ。
 それを聞いた人留のモノはまた硬度を増し、紗々の顔に向かう。
「くそ、何発でもイケそうだ……」
 ――顔射なんて趣味は、なかったはずなんだが……。
 人留は息をつき、またペニスを扱き始めた。
 アラームの音など二人の耳には入らない。まだまだ顔射の宴は続く。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/09/15(火) 21:51:03|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18禁小説『鼻フックはエロいのか』 | ホーム | 18禁小説『ある夏の日の情事』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/235-33eac416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)