FC2ブログ

18禁小説『魔法少女千夜1』

 私あまの番外編として、魔法少女千夜書いてみました。
 完全に悪ノリの産物ですが、凄く楽しいです! できるだけ続きも書くつもりです。
 しかし魔法少女モノをちゃんと書いたのは初めてなので、なかなか難しいですね。
 とりあえず追記からどうぞ。もう一回魔法少女千夜のイラストも載せておきます。
senya.jpg


『魔法少女千夜1』

 海戸千夜は授業で使ったテキストをプリントや文庫本が乱雑に詰め込まれた鞄に仕舞った。
 この創知学院は大手学習塾で、どの科目も三クラスに分かれている。入塾テストの成績でクラスが決まるのだが、千夜はどの科目もトップクラス。講師からも期待されている生徒だった。
 黒髪をショートカットにし、整った顔立ち。グレーのブレザーを押し上げる高校生とは思えぬほど大きな胸に、黒のプリーツスカートとニーソックスの間から覗く肉付きの良い太もも。
 男ならばつい彼女を注視してしまうだろう。
 海戸千夜は恵まれている。
 皆が彼女の才能や容姿についてそう思っていた。
「あ、海戸さん」
 教室を出ようとした彼女に、別の高校の男子生徒が声をかけた。
「ん? ああ、内田君」
 内田拓海は英語と国語が同じクラスの、ここでは友人と呼べる相手だった。
 背が低く大人しそうな顔立ちに丸い眼鏡。チェック柄のブレザー姿の彼は、鞄からハードカバーの分厚い洋書を取り出す。
「この本、貸してくれてありがとう」
 それはアメリカで流行っているミステリー小説だが、まだ和訳はされていない。そのためミステリー好きの千夜がネットで取り寄せたものだ。
「ああ、どうだった?」
 千夜は微笑み、問いかける。
「凄く面白かったよ。あの、もし良かったら一緒に帰らない?」
「そうだね、同じ方向だっけ」
「うん、海戸さんより遠いけど」
「じゃあ、そこまで一緒に」
 二人が創知学院のある十階建てのビルを出ると、丁度目の前のバス停にバスが到着するところだった。
 時間はもう十時に近く、乗客は数人しかいない。
 二人がけの席を見付けると、後に降りる内田が窓側の席に座った。
「いやあ、まさか犯人があの人とは思わなかったよ」
 内田はまだ驚きが冷めないといったように胸を撫で下ろす。
「確かに意外な犯人だったよね。でも読み返すと伏線が張ってあってさ。例えばあのシーンで……」
 二人が話している中、バスは海辺にあるこの街を駆け抜けていく。
 住宅街に灯る明りはそれらの家に家庭があることを思わせた。
 家はただの箱ではない。人が住んでおり、それぞれの家庭が築かれている。
「僕には、人を殺す人間の気持ちは分からないや」
 内田は頭を掻き、小さく笑った。
「海戸さんは、人を殺す人間の気持ちを知りたいからミステリーを読むんだって言ってたよね」
「ああ、そういえばそんなことも話したっけ」
「うん、でも難しいね。どんなに相手を憎んでも、やっぱり怖くて殺せないと思う。――ただ」
「ただ?」
「そんな一線を越えさせてしまうのが、欲望の力なんだろうね」
「なるほど、欲望の力、か」
 アナウンスが「次は晴常高校前」と告げているのに気付き、千夜は降車ボタンを押した。
「私は次で降りるね。内田君も面白いミステリー見付けたら教えてよ」
 バスがスピードを緩め始めると、立ち上がる。
「うん!」
「じゃあね」
 手を振り、バスを降りた千夜は夜道を歩き出す。
 千夜が住んでいるマンションはここから十分ほどの所にある。
 晴常高校の前を通り過ぎると、街路樹の向こうに公園がある程度。車道を走る車も少ない。
 女子高生が一人で歩くには危ない道と言えるだろう。
 だが、千夜は特に恐怖を抱くこともない。
 なにせ週に三回、同じ時間にこの道を通っているのだ。
 しかし、その日は違った。
 男の呻き声のようなものがしたのだ。
「何だろ?」
 その声がした方、街路樹の向こうの広場を千夜は覗く。
「え、何あれ……」
 千夜は息を飲んだ。
 白いジャケットに白いズボン、黒髪にサングラスという格好の男が、ナイフを手に息を切らしている。
 だが驚くべきはそこではない。
その男が、対峙している相手だ。
 それは化物としか言い様のないモノだった。
 普通の人間の二倍ほどある土色の体躯に、両手のあるべき場所には三本ずつの触手。
 ――映画の、撮影?
 そう思ってみたものの、辺りにカメラなどはないし、スタッフらしき者もいない。
 彼らを照らすのは街灯のみ。どう考えても撮影などではなかった。
 男は黒革の手袋に包まれた手でナイフを放つ。
 それは触手に刺さったが何の効果もないようで、化物は笑いながら触手を鞭のようにして男を薙ぎ払った。
「ぐあっ!」
「女の匂いがするぞ……」
 化物の首がギギギ……、と千夜の方を向く。
「ひっ!」
 千夜は咄嗟に逃げようとした。
 だが触手が伸び、彼女の足を絡め取る。
「きゃっ!」
 千夜は逆さ吊りにされ、化物の眼前にぶら下げられた。
 ピンクのパンティが丸見えになるが、今はそれどころではない。
 この悪夢のような状況から、なんとか抜け出さなければ……。
 これが夢でないことは、ギッチリと掴まれた足の痛みが証明している。
「男は殺す、女は犯す……。ヒヒヒ」
 化物は気持ちの悪い声でそう言うと、触手で千夜のもう片方の足も絡め、大開脚をさせてしまう。
「いやー! やめてよ!」
「処女の匂いがするぞ」
 化物の口から長い舌が現れ、千夜の股間を布越しに舐めた。
「ひゃっ!」
「処女なだけじゃなく、おっぱいも大きいなあ」
 今度は触手が千夜の胸を制服ごと搾るように巻き付いた。
「いやああ! やめてえっ!」
 千夜は顔を赤くし、暴れようとする。
「ヒヒ、ムダムダ。ただの人間が俺たちに敵うわけ……」
 その瞬間、千夜の体が光ったかと思うとバチッと音を立て、火花が散った。
「ギャッ!」
「きゃっ!」
 その反動で、千夜の体が宙に放り出される。
 それを受け止めたのは、白いジャケットの男だった。
「大丈夫かい?」
「え、あ、はい……」
 千夜はなんとか返事をする。
 男は微笑んだ。
「君のような人間を、探していたんだ」
 そしてポケットから、赤いハート型の宝石が付いた黒革のチョーカーを取り出す。
「これを付けて、戦ってくれ」
「はあ?」
 千夜は素っ頓狂な声を上げた。
 これは、アニメや漫画でよくある戦闘ヒロインモノの展開だ。
「じょ、冗談じゃ……」
「このっ!」
 化物が、一瞬前まで男と千夜がいたところに触手を叩き付ける。
 男が千夜を抱いたまま、数メートル跳んだのだ。
 そこは地面が抉れていて、千夜はもしあの一撃を喰らっていたらと思いゾッとした。
「特別な力を持つ処女……、奪わないと」
 化物はそう言い、また「ヒヒヒ」と笑った。
「奴の今の狙いは君だ。このまま犯されるのと戦うの、どっちがいい?」
 男は千夜の手に半ば無理矢理チョーカーを握らせる。
 ――処女喪失って、痛いらしいけど……。
 千夜はちらりと化物の方を見ると、目を丸くした。
 その股間から、男根らしきモノがズズズ、と生え始めたのだ。
 それはペットボトルほどもあり、更に凶悪な瘤が浮かんでいる。
「あ、あんなの入れられたら、死んじゃう……」
「じゃあ、戦ってくれ。俺の力じゃあいつは止められない。チョーカーを付けるんだ」
「は、はい!」
 千夜は言われるがままチョーカーを首に巻いた。
「そしてこう叫んで、『マジカルナイトメタモルフォーゼ』と!」
「マ、マジカルナイト、メタモルフォーゼ!」
 すると赤い宝石が光を放った。
 千夜の制服がしゅるりと消え、豊満な裸体が暖かな光に包まれる。
 大きな胸を、腕を、ピンク色の布が包む。足を包む布はサイハイブーツになった。
 ピンクと黒の花弁が交互に並んだようなスカート、最後にピンクのピエロハットが現れる。
 更に千夜の手元に黒い粒子が集まり、身の丈と変わらないほどの長さの鎌が形を成した。
「あ、ステッキとかじゃないんだ」
 千夜は不思議と重さを感じないそれを見つめた。
「さあ、その鎌で奴のコアを切り裂くんだ!」
「コア?」
 よく見ると、化物の胸には菱形をした黒い宝石が埋め込まれている。
「あれかな……」
「させるかあっ!」
 呆然としていた化物は、我に帰って触手を振るう。
「おっと」
 千夜はトンッと軽くジャンプをした。
 ――体が、軽い……。
 運動は苦手だというのに、今の彼女の体はまるで重力など無いかのように宙を舞う。
「えいっ!」
 千夜は鎌を振り下ろした。
「ぎゃああっ!」
 触手が切り落とされ、蜥蜴の尻尾のようにビチビチと跳ねた。
 千夜は着地すると、一気に化物との距離を詰める。
「てりゃあっ!」
 黒い宝石に向かって鎌を一閃すると、コアは簡単に砕け散った。
「ぐおおおおおっ!」
 化物は断末魔の声を上げると、黒い霧が晴れるように四散した。
「こ、これで、いいのかな」
 千夜が息をつくと、ピンクと黒のコスチュームは一瞬で制服へと戻った。鎌も消えてしまう。
「あ、元に戻った」
 千夜は自分の制服をポンポンと触ると、「おお」と間抜けな声を上げた。

「消えたか」
 バスの中で、自らが作り出した化物がやられた気配を感じ取った内田は呟いた。
「やはりあの程度の欲望では無理だな」
 その言葉とは裏腹に、彼は微笑む。
「本物の欲望の力を見せてあげるよ、海戸さん」

「えっと、こんなもんですかね」
 千夜は自宅である高級マンションに帰ると、男に簡単な手当てをした。
「ああ、ありがとう」
 千夜が彼を招き入れたわけではない。ストーカーの如く勝手についてきたのだ。
「あの、貴方はどういう人なんですか?」
 千夜は小首を傾げ、ソファに座った。
 男は「信じてもらえるかわからないけど」と、前置きをして語り始めた。
「俺は魔界の住人。所謂魔族ってやつだ。人間としての名は水上圭。人間界に来る魔族には人間としての名が与えられるから」
「はあ、水上さん……」
 千夜はその背の高い男――二十代後半で、よく見れば整った顔立ちをしている――、水上を見つめる。
「俺が人間界に来た理由は魔法少女を探すためだ。魔法少女になれるのは、処女の人間だけだからね」
 あまり処女を強調されると恥ずかしく、千夜はぽっと顔を赤らめた。
「何で、魔法少女が必要なんですか?」
「今、魔界では問題が起きている。ある上位魔族が、人間を滅ぼそうと人間界に下りてきたんだ」
「それが、さっきの化物?」
「少し違う。奴はラストと呼ばれる、魔族が人間の欲望から作り出したモノだ。あのコアに欲望が詰まっているんだよ」
「なるほど」
 本当ならば混乱したいし疑いたいところだが、千夜は実際に体験してしまったのだ。否定の仕様がない。
「そして君は、何故だか分からないけど凄まじいパワーを秘めている。だから、君に魔法少女として戦ってほしい」
「ええー」
 千夜は不満げな声を出す。
「あれ、こういう時は、平和を守るために私やります! とか言うもんじゃないの?」
「だって本を読む時間が減っちゃうじゃないですか。怪我とかも怖いし。人類なんて滅びる時は滅びますよ」
「ドライだなあ。でも、コアを通じて上位魔族は君を知った。魔法少女にならなくても、奴はラストを使って君の処女――力を奪いに来るだろうね」
「選択肢が無いなら先に言ってくださいよ」
 人類が滅びるのは構わないが、自分がピンポイントで辱めを受けるのはごめんだ。
 千夜は溜め息をついて、付けたままだったチョーカーに触れた。
「そうだ、君の名前は? まだ聞いてなかったね」
「海戸千夜です」
「千夜か。じゃあ、魔法少女千夜の誕生だ」
 水上は二ヤッと笑うと、突然彼女をソファに押し倒した。
「えっ」
 さすがの千夜も混乱する。
 抵抗もままならず、彼のネクタイで両手を拘束されてしまった。
「ちょっ、何するんですか!」
 喜々として制服を脱がしにかかる水上に、千夜は焦った声を上げる。
「何って、俺の魔力を注入するんだよ」
 そう言って、彼は千夜のピンクのブラジャーを外すと、その豊乳を堪能する。
「ひゃっ! ちゅ、注入って……」
 千夜の柔らかい乳房は、水上の手の中でやわやわと形を変えていく。
「んー、ほんと大きいおっぱいだね。力を持ってるのが君みたいな子で良かったよ」
「そうじゃなくて、注入って、処女を失ったら力も失うんじゃないんですか?」
 千夜は『注入』と聞いてセックスを思い浮かべた。
「大丈夫、魔力の注入で使うのはこっちだから」
 水上は革手袋を外し、千夜のパンティをするりと脱がせると尻の穴をまさぐった。
「そ、そんなところ……」
 千夜はビクリと身を竦める。
「魔界特製の媚薬ローションを使うから、気持ち良くなれるよ。というか、君が感じれば感じるほど注入できる魔力が高まるから感じてくれないと困る」
 水上はジャケットのポケットから小瓶を取り出すと、中の液体を千夜の尻に垂らした。
「ひっ! なんか、熱い……」
 垂れた媚薬ローションは、窄まったアナルに流れ込んでいく。
「気持ち良く、してあげるから」
 水上は耳元でそう囁くと、千夜を俯せにさせた。
 そして尻たぶを押し開き、ピンク色のアナルに人差し指をつぷりと挿入させる。
「んっ、お尻に、指、入ってえ……」
 千夜は呻くが、そこに苦痛の色はない。あるのは羞恥と快楽だけだ。
「おっぱいだけじゃなくてアナルも柔らかいね。アナルセックスは初めてじゃなかったりする?」
 意地の悪い質問に、千夜はふるふると首を横に振る。
「し、したことないですよお……。そんなとこ、自分でも触ったことない……」
「へえ、恵まれた体だ」
 水上が指を出し入れすると、ローションがぐちゅぐちゅと淫猥な音を立てた。
「ひいん……、お尻、きもちい……」
 千夜は熱っぽく呟き、ぶるりと体を震わせた。
「ふふふ、感じてるね」
 水上は指を二本に増やし、肛内を広げるようにぐるりと掻き回す。
「ひゃああっ! お尻の中、掻き混ぜられてるうっ!」
 千夜は悲鳴を上げ、拳を握り締めた。
「そろそろいいかな?」
 水上はそう言うと、ズボンのチャックを下ろした。
 通常の人間よりもやや長いモノがぶるんっと顔を出す。
「じゃあ、入れるよ」
「うあ……。あ、はい……」
 よく分からないまま、千夜は頷く。
 指を抜かれてひくひくと次の刺激を求めている肛門に、水上はペニスを押し当てた。
「くっ」
 ぬぷんと音を立て、それは肛内に入ってしまう。
「ふひっ! あっ、あああっ! お、お尻に、ちんぽ入っちゃってるううっ!」
「ふふ、そうだよ、魔族のちんぽが今、君の中に入ってる」
 肛内の襞が心地良い刺激を生み出す。ローションが、愛液の代わりに絡み付いてくる。
「なかなかの名器だ、君は!」
 水上は千夜の尻を押さえ、がっつくように腰を振った。
「いやああっ! 感じすぎちゃうよお、止めて、ください……、んっ!」
 そう言いながら、千夜は自らも腰を振っていた。
「ダメだ。ラストに負けないよう、たっぷり魔力を注入しなきゃ」
「ひいいん、ちんぽ、気持ちよすぎて怖いのおおっ!」
 無垢な少女は、快楽に堕ちてしまうことに恐怖を覚える。
 だが、水上はそんなことはお構いなしに腰を打ち付けた。
「そろそろ、出る! 魔力注入するよ!」
「ひゃっ! これ以上、気持ちいいことしちゃ、らめええ!」
 千夜の叫びも虚しく、水上は尻穴に容赦なく中出しをする。
 白濁液が千夜の直腸に流れ込んだ。
「あ、熱いのきて、おかしくなっちゃうう……っ!」
 千夜は悲痛だが艶のある声を上げ、ビクンビクンと体を跳ねさせた。
「ふう……」
 水上は精液を出し切ると、萎えたイチモツを引き抜いた。
 そしてぽっかりと開いたアナルから、自らの精液がこぽりと溢れるのを見て満足げに笑う。
「俺は君の使い魔として、何度でも魔力を注入するよ。だから頑張ってくれ、千夜」
 千夜の意識は朦朧としていて、その言葉が届いたかどうかは分からない。
 だが改めて、魔法少女千夜の誕生である。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/06/06(土) 21:53:49|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同人エロゲを作りたい! | ホーム | 魔法少女千夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/206-f83cb48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)