FC2ブログ

小説『どうか心の片隅に・プロローグ』

 塾の帰り、千夜は男が女子高生を殺しているところを見てしまう。だが千夜は通報しなかった。その理由は…。


プロローグ

 千夜は塾での勉強を終え、暗くなった帰り道を歩いていた。

 時間はもう九時を過ぎている。街路樹の向こうは公園、その反対側の車道には時折車が通る程度。

 女子高生が一人で歩くには危ない道だ。

 だが、千夜は特に恐怖を抱くこともない。何せ週三日、同じようにこの道を通っているのだ。今更恐れることはない。

 ふと、絹を引き裂くような音がした。

「何だろ」

 公園の方から聞こえた気がする。千夜は立ち止まり、そちらに目をやった。

 暗くてよく分からないが、街路樹の隙間から見える広場には男が立っているように見える。

 その時、車のライトで広場が照らし出された。

「っ!」

 白いジャケットを着た黒髪の男。その足元に、制服姿の少女が倒れている。

 その喉からは、血が溢れていた。

 男がこちらを見る。彼の眼鏡越しに、しっかりと目が合った。

 暗く深い、殺意を孕んだ瞳。

 千夜はすぐに駆け出した。

 鞄を抱き締め、必死で走る。自分が住むマンションを目指した。

 辿り着くと、エントランスで自らの部屋番号を入力し、中に駆け込む。

 エレベーターはすぐに下りてきた。乗り込むと、12階のボタンを押す。

 ――もし、もしも……。

 エレベーターの扉が開いた時、殺人鬼が立っていたら。

 首を振り、そんなホラーじみた妄想を打ち消す。

 扉が開く――目の前には廊下が伸びているだけだ。

 1207号室の前で、鍵を探す。財布に入れていたそれを震える手で取り、開錠した。

 ドアを開け、中に入ると電気を点ける。

 殺人鬼がリビングで待ち構えていることもなく、ほっとした千夜はソファに体を沈めた。

「そうだ、警察……」

 スマートフォンを手に取る千夜。

「いや……」

 だが、彼女はそれをぽとりとソファに落とした。

「それじゃ、つまらない……」

 あの男の目、あれは普通の人間のものとは違った。

 本物の、殺人鬼の目立った。

 ――見てみたい、あの男の、末路を……。

 警察に捕まるのは、まだ早い。

 千夜は息をつき、両手で顔を覆った。

「私も……、したい……」

 もう一度、はっきりと繰り返す。

「私も、殺したい」
スポンサーサイト



テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/03/22(日) 21:58:37|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小説『どうか心の片隅に・第一章』 | ホーム | 小説『青春ラムネ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/184-946ec15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)