FC2ブログ

小説『青春ラムネ』

 番外編のような感じで、明るくない僕らの青春の少し明るい話です。
 赤点のペナルティとして生物室の掃除をする風切と、その手伝いをする鷹崎。鷹崎がお礼に欲しいものは海だという。それに対して風切は…。


『青春ラムネ』

「暑い……」

 鷹崎は箒を片手に額の汗を拭った。

「だよなー、クーラーとかあったらいいのにさー」

 風切は雑巾で机を拭きながら溜め息をついた。

 彼らがいるのは北校舎にある生物室。

「でも、生物の国本は色々楽だよな。赤点でも生物室の掃除でチャラにしてくれっし」

 風切は笑いながらそう言ったが、鷹崎は渋い顔。

「非合理的だ。赤点を取ったら勉学で取り戻させるべきだろう。掃除をしたらお前の成績が上がるのか?」

「う……」

 嫌味を言われている風切だが、文句は言えない。本来ならこのペナルティを課せられたのは風切一人。鷹崎は善意で手伝ってくれているのだ。

「そうだ、お礼に何か奢るぜ?」

 風切は話題を変えにかかる。

「別にいい。どうせ今月も楽じゃないんだろう?」

「大丈夫大丈夫、安いもんならさ」

「そうか」

「なんかある? 奢ってほしいもん」

 鷹崎は「ふむ」と考える仕草をする。

「海……」

「え?」

「海、だな」

「それ、奢るとかじゃなくね?」

 風切は笑いながら、窓から見える南校舎を見た。

「あれが無ければ見えるんだけどなー。後で行くか?」

「今日は無理だ、塾がある」

「じゃあ明日……、は、俺がバイトだった」

 鷹崎は溜め息をつく。

「たかだか三十分程度のところにあるというのに、手が届かないものだな」

 ――俺たちには、手の届かないものが多過ぎる。

 どれだけ勉強しても届かない一位の座。思うように成績が伸びない自分に、鷹崎はもどかしさを感じた。

「そうだ、ちょっと待ってろ」

 風切は何か思いついたように笑い、雑巾を机の上に放り投げ駆け出した。

「何だ?」

「奢ってやるよ、海!」



 風切は数分ほどで帰ってきた。

 その手にあるのは二本の……。

「ラムネ?」

 水色の瓶の中では小さな泡が踊っている。

「そ、学食に売ってたの思い出してさ」

 風切は一本を鷹崎に渡すと、窓際に引っ張っていった。

「これ、光にかざしてみ」

「あ、ああ……」

 言われた通り、鷹崎はラムネの瓶を太陽に向かってかざした。

 ゆらゆらと揺れる水色の中を、きらきらと光る気泡が通り過ぎていく。

 ――まるで、海だ……。

「結構綺麗だろ? 昔よくやったなー」

 風切は無邪気に笑う。つられたように、鷹崎も小さく笑った。

「ああ、綺麗だな」

 そして思う。

 ――こいつの手に届かないものなんて、ないんじゃないか……。

 そんな夏の、ある日のこと。
スポンサーサイト



テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/03/22(日) 21:56:55|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小説『どうか心の片隅に・プロローグ』 | ホーム | 小説『空がとても青いから・エピローグ』>>

コメント

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://m-pe.tv/u/?hapine1961

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
  1. 2015/03/26(木) 12:25:04 |
  2. URL |
  3. つねさん #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

 お誘いありがとうございます。
 これからも頑張ります!
  1. 2015/03/27(金) 19:15:54 |
  2. URL |
  3. 亡生紗千 #yxPYJjfw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/183-52bdeba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)