FC2ブログ

男性向け18禁小説『復讐調教(第二章)』

 復讐調教の第二話です。
 今回はアナル責め、アナルビーズを入れたりひり出させたり。放屁もあるので、苦手な方はご注意ください。


『復讐調教 第二章』

 その日、紗々は床から伸びる手枷と足枷で拘束されていた。俯せになって腰を突き上げる格好だ。

「磔になってんのとその格好、どっちが楽だ?」

 川田は紗々の肉付きの良い尻を撫でながら尋ねる。

「どっちも、最悪だよ……」

 紗々はそちらを向くこともせずに吐き捨てた。

「ふんっ、昨日は小便漏らして気絶したってのに、気だけは強いこった」

 昨日の醜態を思い出し、紗々は頬を赤く染める。

 川田はそんな紗々の尻たぶを掴むと、肛門が丸見えになるように割り開いた。

「ケツの穴でもセックスしてんのか? 黒ずんでるぜ」

 図星を突かれ、紗々は言葉を返せなかった。人留とそれなりに多様な行為をしてきたのは事実だ。

「黒ずんだケツ穴にマン毛ボーボーのま○こ。みっともなくぶら下がったでかクリ……。下品な下半身だな、全く」

「くう、恥ずかしいこと、言わないでよ。お願い……」

 紗々は唇を噛み締め、屈辱に耐える。

 だが、川田はそんな様子を楽しむように肛門に指をかけ、ぐにっと広げた。

「おー、柔らかいケツ穴してんな。こっちでも相当楽しんでるってことか。じゃあ今日はそんなにつらくねえだろ」

 そう言って取り出したのは、ピンポン玉ほどの大きさのシリコンボールが五個繋がったアナルビーズだ。

「ちゃんとローションも使ってやるから安心しろよ」

 ローションの入った瓶を傾け、アナルビーズを濡らしていく。

 それくらいなら耐えられそうだ、と紗々は安堵の息をつく。

「さ、入れていくぜ」

 川田はアナルの皺を撫で、一つ目の玉をそこに押し当てた。

「んう……っ」

 玉がぐぐっとアナルを押し広げる感覚に、紗々は呻き声を上げた。

 最初は楽なのだ。しかしそれは飲み込んでいくほどに直径が増す。

「はあ、はあ……」

 真ん中まで入ったところで直径は五センチほどになり、肛門の襞を引き伸ばす。

 紗々はぎゅっと手を握り締め、その圧迫感に耐えた。

 そこを過ぎると、後は簡単に飲み込める。ちゅぽんと音を立て、一つ目の玉が入っていった。

「さて、何個入るかな」

 川田はニヤリと笑い、二つ目を押し込みにかかった。

「ちょ、ちょっと待って……」

 思ったよりも玉が大きく、体力を使った紗々は一旦休ませてほしいと懇願する。

 しかし川田がそれを聞き入れるはずもない。それどころか、一つ目とは違い半ば無理矢理一気に押し込んだ。

「ぐうっ!」

「気い抜いてる場合じゃねえぞ」

 更に川田は三個目の玉に力を込めた。

「待って待って! アナル、壊れる……、から……」

 紗々は苦しげな声でそう告げる。

 凄まじい異物感に襲われたが、それを排泄することはできない。川田が三個目の玉をぐぐっと押し込める。

「う、うーっ!」

 排泄物が逆流するような嫌悪感に、紗々は脂汗をかきながら耐えた。

「全部飲み込めよ。こんなもんで泣き言言ってんじゃねえよ」

「ご、五個なんて無理……っ!」

「無理じゃねえさ、あんたの使い込んだアナルなら」

「でも、もう限界……、苦しいよ‥…」

 紗々は情けない声を上げて行為の中断を求めた。それほどまでに圧迫感が凄まじかったのだ。

「仕方ねえな」

 川田の言葉に、紗々は目を輝かせる。

 しかし、川田はそれほど優しくない。

「一気に二つ入れてやるよ!」

 にゅぷんにゅぷん、と力を込めて挿入された二つの玉。

「ふぎいいいいっ!」

 紗々の尻が大きく跳ねた。

「お、お尻、壊れたあ……」

 意識が朦朧とし、紗々は譫言のように呟く。

「はっ! 壊れたかどうか試してみるか?」

「た、試す……?」

 紗々は回らない頭で次にやってくる責めを考える。

 だが、一気に引き抜かれるくらいしか思い付かなかった。

「一個ずつ玉をひり出してみろよ。ケツ筋が無事ならできるだろ?」

「わ、分かったよ。やれば、いいんでしょ……」

 予想外の責めだったが、抵抗の言葉を吐くのにも疲れた紗々は、言われた通り尻に力を込めた。

「ふんっ、ん……」

 肛門がみちみちと広がり、玉が顔を出す。

 この時も、一番つらいのは真ん中だ。

「ふー、ふー……、出ろお……」

 紗々は排泄する時のように気張る。

 鼻の穴を膨らませ、唇を突き出し、目を見開くという酷い顔。

 ようやく中心を過ぎ、すぽんと出てきた玉が尻からぶら下がる。

「はー、はー、で、出た……」

 紗々は荒い息をつき、川田の方を見た。

「ああ、あと四つ頑張れよ」

「え、全部出せって言うの!」

「当たり前だろ。俺は引きずり出してやらねえからな。自分で出さなきゃ、残り四つはあんたのケツに入ったままだ」

 残酷な笑みを見て、紗々は奥歯を噛み締めた。

「くそ……」

 ぐっと腹と尻に力を込め、排泄する時の要領で玉を押し出していく。

「ふんっ! ふんっ!」

 みっともなく鼻息を荒くし、一気に二つの玉をひり出す。

 すぽんすぽんっと飛び出した玉は、腸液とローションで艶かしく光っている。

 三つの玉を尻穴からぶら下げた紗々を見て、川田はゲラゲラと笑った。

「わ、笑わないで! 君がやらせてるくせに」

「いや、悪い悪い。思った以上に間抜けだったもんでな。ま、あと二つだ。頑張れよ」

「言われなくても、やるよ……。ふんっ! んーっ!」

 体力は消耗したが、それでも紗々は力を込める。

 むりむりむり、と玉をひり出すその姿はまるで産卵しているかのようで、とてもエロティックだった。

「ふーっ! 出ろっ! ふんっ、ふんっ!」

 間抜けな荒い鼻息が、地下室に響く。

 肛門から残りの二つが飛び出し、アナルビーズはべしゃりと床に落ちた。

 肛門は緩み、ぽっかりと開いてしまっている。

 一時的に肛門括約筋が機能しなくなったのか、ぷすっぷすっと放屁が止まらない。

「おいおい、女がそんなに屁を連発していいのか?」

「やっ、聞かないで! おなら、止まらない!」

 あまりの屈辱に、紗々は泣きじゃくった。

「ひっ、うう……」

「はははっ!」

 それでも間抜けな放屁音は止まらず、川田は笑い声を響かせるのだった。
スポンサーサイト



テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/08/09(土) 21:22:42|
  2. 没小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小説『現代の切り裂きジャック』 | ホーム | 前向きに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bsophist.blog.fc2.com/tb.php/145-94b7ea6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)